レイク|新生銀行カードローン【※お申込み専用窓口】

レイクの注意点を知っていますか?

はじめてキャッシングを行う方は、金利や返済について注意をする必要があります。
レイクのように比較的借りやすく、月々の返済額も少なめに設定できるカードローンでもそれは同じです。

 

例えば、レイクの金利は9.0%から18.0%となっています。
この金利はいわゆる「年利」であり、単純に18.0%の条件で10万円をキャッシングしたとしたら必ず18000円が支払う利息であるというわけではありません。
実際には18.0%の利息が365等分(うるう年なら366等分)されて毎日かかることになるため、返済期間が1年を過ぎれば利息はもっと大きくなることにご注意ください。

 

また、毎月の返済金額には元金と利息が両方含まれることになるため、10万円のうち5000円を返したとしても元金が次は95000円となるわけではありません。
元金が減っていかない限り、毎日毎日利息はかかっていくことになります。
10万円を借りたとしても、最終的な支払総額は10万円の18%、18000円を足した118000円を超えてしまうことも普通に考えられますよ。
例えば10万円のキャッシングで、毎月の最低返済金額である3000円ずつを返済していったとすれば支払総額は138000円を超えることとなります。

 

逆に上記の例で、毎月の返済金額を1万円に増やすと返済金額の合計はなんと11万円にも届きません。
早く返せば返すほど、最終的な支払金額はトクとなり時には数万円の差につながるということを理解しておきましょう。
毎月の返済金額を増やすだけでなく、臨時収入を得たり家計に余裕ができた時に臨時返済を行うことも必要です。