レイク|新生銀行カードローン【※お申込み専用窓口】

返済シミュレーションを使ってみよう!

まとまったお金が必要になったり、急な出費をしなければならないようなときには、レイクなどのようなキャッシングサービスの利用は非常に便利になっていますが、初めて利用する方にとっては多少の不安もあると思います。
その不安を解消するために便利なのが、レイクのサイトにある「返済シミュレーション」になります。
簡易的に金利の計算をするなら、電卓などがあればすぐにできるのですが、毎月返済していくことで「元金」の部分が少しずつ変わってきますので、正確な計算は「返済シミュレーション」を利用するのがいいでしょう。

 

たとえば、自動車の車検などで10万円キャッシングしたいと仮定すると、レイクの利息を18.0%と仮定して180日間借入れを行うとします。
この180日間の利息の計算方法は、

 

10万円×0.18×180÷365=8,876円

 

と計算されます。
この計算方法で計算される利息は、「10万円を180日後に一括で返済した場合の利息額」になりますので、実際にはもう少し利息分は少なくなるはずです。

 

実際にレイクのサイトで「返済シミュレーション」をしてみると、利息額は5,135円となっていますので、上で計算した8,876円よりも少なくなっていることが分かります。

 

さらに、レイクの利用が初めての方なら、「30日間無利息」というサービスを適用することができますので、第1回目の返済における利息分1,479円も掛からないことになります。
したがって、5,135円ー1,479円=3,656円が実際に支払う利息分ということになります。

 

この例では、自動車の車検のための代金10万円で設定しましたが、一括で支払わないといけないものを6回に分けて支払うことの代金(利息)が「3,656円」なら、高いものでもないことが分かると思います。

 

レイクは新生銀行が提供するキャッシングサービスの名称となっていますが、かつての消費者金融のときとはまるで異なり、誰にとっても利用しやすいサービスに変化していると言っていいでしょう。
改正貸金業法が施行されてからのキャッシングは、自動車ローンを組んだり、クレジットカードの分割払いと同じような感覚で利用することができるように変わっています。

 

それでも、中小貸金業者や個人業者の中には「違法な高金利」で提供しているケースがないわけではありません。
初めてキャッシングを利用する方は、レイクのような銀行が運営しているところから始めるのが鉄則といえます。